面積や地形を選ばない住宅|注文住宅で想いを形に|譲れない拘りがあるなら
積み木の家

注文住宅で想いを形に|譲れない拘りがあるなら

面積や地形を選ばない住宅

一軒家

人口過密地帯であり地価も高い東京では、狭い土地に住宅が建つのは珍しくなく、毎年多くの新築が作られています。東京で狭小住宅が受け入れられるのは、隣家が接している地域が多く、工夫して建てる必要性があるからです。狭いのに選ばれる理由は、間取りや住宅構造に工夫が見られるため、安心して暮らせる住宅に仕上がっているからです。狭小住宅は面積や地形によってそのデザインを変えますが、基本的には依頼主の要望に沿って設計が考えられます。東京には土地面積も小さく入口も狭い物件、公道に左右を挟まれた三角地の物件、住宅密集地にある物件等、様々あります。どんな土地でもどんな地形でも狭小住宅は建つため、大切な家族と暮らす理想の一戸建てを作る事ができます。

こじんまりとして見える狭小住宅ですが、空間を広く見せるため、室内にはあらゆる工夫が散りばめられています。設計士や建築士とよく話し合って決める間取りですが、居心地の良い空間に仕上げるためには、無駄なスペースを無くすと良いです。住宅の特徴は階段下や床下、壁や天井を無駄にしない事であり、空きスペースは全て収納として利用します。また圧迫感を無くし、部屋を広く見せるために段差を設けているため、廊下を無くして階段を配置しています。大きな窓や扉は一部にしか設置できませんが、小さな窓を取り付ける事で、温かい日差しや光を取り入れる事ができます。東京には様々なデザインの狭小住宅がありますが、必要であれば断熱対策や防音対策、耐震対策も可能です。